BLOG, 思うこと, ライフハック, おすすめのモノコト, 書評・読書

読めば何かが変わるオススメの本7冊

 

Reading is fun

移動時間やちょっとした隙間時間はできるだけ本を読むことにしています。
 とても少ないんですけど、一週間に3冊くらいのペースです。特に何冊読もうとかいう意識はしていないんですけどね。
ということで、色んな方からおすすめしてもらった本の中から、特に気に入っている7冊をピックアップしました。結構偏ってますが、当ブログの読者なら気に入って頂けるはず。笑
あなたの読書ライフの参考になれば幸いです。
影響力の武器

 

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
ロバート・B・チャルディーニ
誠信書房
売り上げランキング: 550

何かを買ったり、売ったりというのは、社会生活を営む以上は必要不可欠な要素です。そんな中で、セールスマンや広告はどういった心理で顧客に「承諾」させているのか。そのメカニズムを具体的事例をあげて、解説している名著。自分でビジネスを展開されている方はもちろんですが、消費者の立場で読んでも、とても面白いです。

ワーク・シフト

 

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
リンダ・グラットン
プレジデント社
売り上げランキング: 1,001

2025年というと、そう遠くない未来ですが、そんな未来のこと真剣に考えたことってありますか。暗い面も明るい面もあるかもしれません。バブルと言われた時代に生きた人達は、現在のこの時代を予測して生きていたのでしょうか。上手く未来を予測することができれば、今の生き方も変わるかも。働き方の意識が変わる一冊です。

評価経済社会

 

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
岡田 斗司夫
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 94,206

SNSがお金になる時代。いいね!の数がお金に変わる世の中に徐々にシフトしていってるのは間違いありません。kloutスコアというものをご存知でしょうか。web上の影響力をはかる数値ですが、現在、この数値が高い人が優遇されるサービスが次々に出ています。(僕も空港のラウンジが無料で使えました)そんな時代を「評価経済社会」と題して解説する岡田斗司夫さんの本。おすすめです。

ハイパワー・マーケティング

 

ハイパワー・マーケティング
ジェイ・エイブラハム
インデックス・コミュニケーションズ
売り上げランキング: 11,534

去年辺りから、マーケティングというものを本格的に勉強しています。人の心理に通ずるところもあってとても面白いです。著者はいわゆるダイレクトレスポンスマーケティングの専門家ですが、マーケティングを職業にしている方、数人からこの本の名前が出てきました。マーケティングに興味がある方は是非。

ボディ・ランゲージ解読法

 

ボディ・ランゲージ解読法
D・アーチャー
誠信書房
売り上げランキング: 214,867

当ブログの読者の方には、楽しめるのでは?と思う一冊。目の前の人の仕草から、人柄や感情を読み解く方法を割と本格的に解説されています。興味がある方以外は手に取らない方がいいかも…。笑

深夜特急

 

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)
沢木 耕太郎
新潮社
売り上げランキング: 1,986

タイトルからすると少し外れているような気がしますが、旅行が好きな方は自分が旅をしているかのような感覚に浸ることができます。リフレッシュできます。笑 ご自身が行ったことのあるシリーズがおすすめです。僕はインドが好きでした。

アイデアのつくり方

 

アイデアのつくり方
アイデアのつくり方

posted with amazlet at 14.01.13
ジェームス W.ヤング
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 180

広告というものに少しでも携わる方はもちろんですが、新しいアイデアを常に求めている方におすすめの一冊。薄くて、30分くらいで読めてしまうんですが、内容が非常に濃いです。ここ最近で一番のお気に入りです。