BLOG, マジックの話, 思うこと, 心理学

トリック?本物?”超能力”は実在するのか|解明のカギは”量子力学”!?

Brain

我々は分かっていない。わかるのには限界がありすぎる。

本当に重要なことはまだつかめていない。

(トーマスエジソン)

 

先日、NHKBS ザ・プレミアム「超常現象」を見ました。

僕はこの手のテーマが大好きなので、すごく楽しめました。

マジック、特にメンタルマジック(スプーン曲げや透視など)を披露していると「それって超能力なの?」とお客様に聞かれることがあります。

演出上、超能力を持ってるかのように演じることはありますが、僕はマジシャンなので、僕が起こす全ての現象はトリックです。

そんなこと言うと、こう聞かれることもあります。

超能力って本当にあると思う?」って。

僕はいつもこんな風に答えるようにしています。

僕は見た事がありませんが、もしかすると実在するのかもしれませんね」と。

僕は「自分は超能力者だ」という方を批判するつもりは今のところとありませんが、僕がTVなどで見たことがある超能力現象は全てマジックで再現することが可能です。

マジシャンのトリックは非常に巧妙にできています。演出しだいでは、見ている人が「本物の超能力だ」と思ってしまうのも無理もありません。

番組でも紹介されていましたが、マジシャンのトリックは科学者をも騙すことができたのです。

あるマジシャンは自分を超能力者だと主張し、科学者に囲まれた中でスプーン曲げを行いました。科学者達はそれを本物の超能力だと認め、正式な論文まで出したのです。4年後、それがトリックだとマジシャンが発表したとき、大きな問題になりました。(分かる方に言うと、バナチェック氏ですね。)

科学者達は根本的に見るポイントが違っていたため、マジシャンのトリックを見破れなかったのです。

 

超能力が実在するのか、それともしないのか。

「そんなものない!」と言い切るのは簡単ですが、個人的には実在して欲しいと思ってます。

なんというか、その方が夢がありますよね。

超能力者だと自称する人たちが起こす現象は、全てマジックで再現可能だとしても、それが本物の超能力かどうかは、本人にしか分かりません。

また、世界には「超能力なんてない」とは100%言い切れない科学的なデータも存在します。

科学と超能力

Spoonbending1

さて、超能力と聞いて皆さんはどんなものを思い浮かべるでしょうか。

僕がこの質問をお客様にしたとき、1番多いのは「スプーン曲げ」です。

触れずに物を動かしたり、金属を曲げたりする”念力”と呼ばれるものですね。

その他にも色んな超能力現象があります。

未来を予測する、”予知”。

見えないものを見る”透視

言葉を使わずに思いを伝える”テレパシー”

モノに触れるだけで、情報を知る事ができる”サイコメトリー

その他、念写、発火能力、瞬間移動なんてものがあります。

近年、科学者達は最新の科学を用いて、これらの現象を解明しようと試みています。

例えば、テレパシー。

離れた2人の片方の視覚に刺激を流すと、どういうわけか、もう片方も同じタイミングで刺激を察知したことがアメリカの研究機関の実験で明らかになりました。

もうこれ、立派なテレパシーですよね。本当に不思議。

そして、予知。

電話がかかってくる相手が4人のうち誰かを当てるという予知の実験。普通に考えれば、当たる確率は25%ですよね。けれども実験の結果は45%。被験者は一般の方のみで、厳密なチェックがされています。これは偶然では起こりえない確率だそうです。

最も印象的だったのが、人間の意識が物体に変化を与えている可能性があるという結果が出た、乱数発生機を用いた実験。量子の動きによって動作する乱数発生器の数値が、人の意識が強く集まったとき、明らかに異常を捉えました。

もちろん、メカニズムはまだ解明されていませんが、これら超能力と呼ばれる現象の解明のカギは「量子力学」だと言われており、

科学者達の間では、人間の意識が量子に働きかけているのではないかという仮説が立てられています。

動物に未知の能力があるのと同じく、人間には、まだ解明できていない未知の能力がある。

そう考えるとわくわくしますよね。

そう遠くない未来、科学がこれらの謎を解き明かしてくれる日が来るかもしれませんね。