BLOG, マジックの話, 思うこと

人前に立つ仕事、自己評価は厳しく|”お客様の声”に甘えない

Hansei

毎回、パフォーマンスが終わるたびに一人反省会をします。

その際、自分への採点は割と厳しめにつけるようにしています。

今日はそんな話を。

自己採点を厳しめに設定する、というのはつまり「お客様の評価を100%鵜呑みにしない」ということでもあります。

どういうことかというと、大抵の場合、マジック、もしくは他の演劇やパフォーミングアート、公演やセミナーなどを観たお客様は演者の前では「素晴らしかった!」という評価をしてくださるからです。

表面上はそうすることがマナーというよりは、社交の場ではそうすることがスムーズだから、です。

余程のお人好しか、身内の人くらいしか、ダメなところはわざわざ伝えてくれません。

お客様の本心は、ステージから降りたマジシャンには読めないのです。それが本当の評価なのか、わからないのです。

クロースアップマジシャンがお客様との距離が近いというのもあるのかもしれません。

ある時、僕はそんなことに思いを巡らせて、疑心暗鬼になったことがあります。マジシャンが疑心暗鬼って笑っちゃいますけど。

 

だからと言って、その場で謙遜しすぎるのもいかがなものかと思います。

もちろん、お褒めのお言葉はなによりの励みになる言葉ですから、素直に受け取るのが正解だ、と切り替えました。

それはそれでしっかり噛みしめた上で、家に帰ってからの自己採点では”お客様からのポジティブな声”は加点対象にしないようにしています。

加えて、そのように釈然としない心情が続く場合は、何かしらの演技や演者、つまり自分自身に問題があると思うようにしています。

 

そんなことをこちら側の人間にちらっと話すと「それは考えすぎだよ、十分にウケてたよ」なんて言って頂いたことがありますが、考えすぎないより、考えすぎている方が僕は好きです。

 

いずれにせよ、お客様の声に甘えずに、可能な限り客観性を持って自己採点を行う、そんな風に思います。