BLOG, マジックの話, ライフハック, 思うこと

失敗から学び、成功に変えるための6つのTIPS

Sippaiikasu

さて、前回はマジシャンの僕にとっての「失敗」について書きましたが(参照:「失敗」について)、

今日はもう少し踏み込んで、「失敗」を活かすために僕が心がけていることを書いてみようと思います。

早いうちに反省会を開く

反省会と言っても一人反省会です。

仕事が終わったら、その日寝るまでにノートを開き、箇条書きで反省点を並べていきます。

どれだけ疲れていても、これは守るようにしています。

人というのは便利なもので、嫌なことは忘れてしまいます。

明日になったら感情は薄れ、一週間も立てば無かったことになっています。

しかし事実は消えません。

失敗を次に活かすためには、まず早いうちに反省会を開くことが大切だと思っています。

 

根本的な原因を探る

失敗の根本的原因を探ること。

少し例を出してみましょう。

「選んだトランプを当てることに失敗した」

これは表面的なもので「次から気をつけよう」では、同じことを繰り返してしまいます。

なぜ失敗したのかを探るため、一歩二歩踏み込まなければいけません。

手順構成に無理があったのかもしれまんし、鍛錬不足だったのかもしれません。

つまり、「その失敗を引き起こす根本的な原因」が必ずあります。

それを心に留めないと意味がありません。

 

全て、自分の責任にする

失敗は全て自分の責任だと考えるようにしています。大抵、その通りだからです。

一人反省会では言い訳は厳禁です。人のせいにするのは簡単ですから。

少し具体的な例を出してみましょう。

恥ずかしながら僕の実例です…笑。

・マジック中、酔っ払いに殴られた

危険を察知できなかった自分が悪い。

・照明や音響スタッフがミスを起こした

事前に入念なチェックやリハーサルを指示していなかった自分が悪い。

・担当者に伝えた用意すべきものが揃っていない

自分のことを分かっているのは自分だけ。誰でも分かるように説明しなかった自分が悪い。

・担当者のイベント運営が適当で、当日のアテンドミスが起こり、報酬の支払いも滞った。

そんな担当者から仕事を受けた自分が悪い

・熱が出た

体調管理できなかった自分が悪い

誰かのせいにしても事実は変わりません。

全ては自己責任です。

 

定期的に見直す

先にも書きましたが、人は嫌なことは忘れる生き物です。

定期的に見直さないとよろしくありません。

同じ過ちを二度していたりしたら「最悪!」と言い聞かせるわけです。

 

最高の準備を行う

失敗しないためにも準備は大切なことですが、どれだけ準備しても失敗は起こりえます。

しかし、起こるべくして起きた失敗と、最高の準備をしての失敗。

次に繋がるのがどちらかは言うまでもありません。

大抵、仕事が終わった後に「何か釈然としない」のは準備のための努力を怠ったことが原因です。

また、何がダメで、何が良かったのかを判断しやすくなります。

 

心を折らないように気をつける

これは特に僕のようなフリーランサーによく言えることですが、

どうしても「仕事の出来=自分の価値」と捉えがちです。

それはある程度仕方がない話かもしれません。

そのため、失敗ばかりに目を向けすぎると、割と本気で鬱になります笑。

そうならないためにも、小さな成功も見逃さないで書き留めておくこと。

また、チャンスがあるからこそ失敗するのだと思うようにしています。

成功の兆しがなければ、チャンスは巡ってきません。

そして、月並みな言葉ですが、人は失敗があるからこそ前に進めるのだと思っています。

失敗はポジティブに活かしていきたいものです。

 

いかがでしたか。

偉そうに述べてきましたが、まだまだ僕もダメダメです。

自戒を込めて、書いてみました。

参考になる点があれば幸いです。

 

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
戸部 良一 寺本 義也 鎌田 伸一 杉之尾 孝生 村井 友秀 野中 郁次郎
中央公論社
売り上げランキング: 169