BLOG, ビジネス, ライフハック

論理的思考を身につける「方眼ノート」のススメ

Hougannote 001

デジタルデバイスが躍進する昨今ですが、僕は「考える」際に使うツールはノートとペンです。

思うにデジタルデバイスはデータベース化するには強いのですが、「考える」ことに使うには弱い気がしています。

ここ数年でしょうか。ノートは「方眼ノート」が注目されています。有名な話だと、マッキンゼーやBCG(ボストン コンサルティング グループ)等の外資系コンサルティング会社では「方眼ノート」が会社の備品だったりします。

今日はそんな一流の人たちを魅了する「方眼ノート」の魅力と僕なりの使い方をご紹介します。

僕が方眼ノートを使う理由

僕が方眼ノートを使う理由は主に2つです。

 

①綺麗に書ける

②情報やアイデアを出しやすい(後から引き出しやすい)

 

①に関しては、縦横そろうので、例えば図やマインドマップなども、ストレスなく書けます。「綺麗に書ける」というのは僕にとって重要で、あとで見返すときに負担がありません。

②に関しては、枠線が邪魔しないのでレイアウトを自由に設定でき、また書きなぐりやすいからでしょうか。なんとなく好きっていうのもあります。

とにかく、使ってみれば実感すると思います。

 

方眼ノートの使い方① 基本編

Notetaking 001

企画を考えるときなどは、このノートの取り方は非常に効果的です。

基本は、一つのテーマに関して、ノートは見開き1ページ使います。

またノートはB5以上をおすすめします。大きい方がよいです。

単純に枠が広がると、思考も広がるからです。

僕はこちらを使っています。

 

 

では簡単に 使い方を。

各スペースには以下のように埋めていきます。

①事実

現状を書きます。問題点やテーマです。

 

②解釈

課題に対してのアプローチ、意見を書きます。

③行動

解決するための具体的な行動を記述します。

すっきり情報がまとまっていくのを視覚化でき、後からも見やすいのです。

おすすめです。

 

方眼ノートの使い方② 日記編

日記的に利用する場合は、前述のレイアウトを以下のように使います。

①事実

今日起こったこと

②解釈

感想、思ったこと(点数でもよい)

③行動

・それに対して今からやるべきこと

・他、自由(明日やることや雑感等)

これも文章を羅列する日記よりも考えが整理され、情報を後から引き出しやすいのです。

 

方眼ノートの使い方② 勉強編

授業やセミナー、読書ノートの場合はこのように使います。

基本的には同じですね。

Notetaking2 001

板書のところには、文字通り板書の他、講師の言葉や本の中の 言葉を書きます。

解釈はそれについての気づきや思うことです。

要約は、要約です。

実際、僕も学生時代はこのノートの取り方をしていましたが、記憶の定着が早いのでオススメです。

 

まとめ

いかがでしたか。

あくまでこれは僕の方法なので、自由にカスタマイズするのが良いかと思われます。

ノートを三つのスペースに分ける「三分割法」というノートの取り方は、上にも書きましたが、外資系の金融コンサルタントの間でも利用されているようです。昔からあったと思うのですが、最近では書籍も色々と出ていますね。

オススメは「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか」という本。僕もこちらの本をベースにしています。

ご興味のある方は是非一読を。

 

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?
高橋 政史
かんき出版
売り上げランキング: 23,303

 

このノート術の唯一のデメリットとしては方眼ノートがあまり出回っていないことと、ノート代が倍くらいすることです笑。

それ以上にメリットの方が多いと思うので、是非一度試してみてください。