おすすめ, ライフハック

iPhoneの充電ができない!故障かな?と思ったらコネクタ部分の掃除をしよう。

写真 2016 02 10 16 08 14

数日前から、iPhoneの充電の接触が悪くて、AppleStoreに持ち寄ったのです。

修理代高くなったら嫌だなーなんて思っていたのですが、一瞬で治りました。

あなたのiPhoneもこうなる前に、ご一読ください。

結論から言うと、故障、というか充電の接触が悪くなった原因は、コネクタ部分へのゴミ溜まりです。

え?って思うでしょ?もうね、びっくりするくらいゴミが溜まってるんです。

一刻も早く誰かに伝えたいと、知り合いのiPhoneを取り上げ、AppleStoreの方がやってくれたようにやってあげました。

すると、、、

写真 2016 02 10 16 08 59

じゃーん!!

ほらね!そりゃ充電できないわ!

コネクタ部分の掃除は簡単です。

コネクタ部分の中が見えるようにライトを当てます。

白い底が見えない時はゴミが溜まってます。

AppleStoreの人はSIMカードを取り出すときに使う金属片を使って掃除してくれましたが、爪楊枝でもできます。

とにかく先端の細い何かを使って、耳掃除の要領で、優しく刮ぎとってください。

引くくらいゴミ出てきます。ちょっと引いた。

注意点は側面部の金属パネルを傷つけないように優しく行うこと。

※あくまで自己責任で行ってくださいね。問題ないと思いますが。

原因ですが、僕はウールやらカシミヤのコートが多くて、iPhoneをポケットに入れて持ち歩いてました。

その糸くずというか、小さなホコリが蓄積されて…。おそらく、それが原因ではないかと。

ということで、皆さんも充電の接触が悪くなる前に試してみてください。

予防法としては専用のコネクタキャップというものが売っているのでそちらを装着すると良いかと思います。

僕もさっそく購入しました。

…というお話でした。