BLOG, おすすめ

ポール・スミス展 with Photos

P7140429

ファッションブランド「ポール・スミス」の展覧会へ行ってきました。

個人的に好きなブランドで衣装にも使わせて頂いています。

色んな側面を見れて、インスピレーションを頂きました。

2016年の7月18日まで開催中。

http://paulsmith2016.jp

P7140417

P7140418

入り口でオリジナルのイヤホンを配られます。

なんとこの展示会、展示物の前でスマホでQRコードを読み込むと音声案内を聞くことができるのです。

さすがは粋な仕掛けです。

P7140420

P7140423

P7140441

ポールスミス氏は若い頃から、写真は絵を集めるのがお好きだったそうです。

有名な画家の作品から、ファンからのプレゼントまで、ポールスミス氏自身が選んだ作品の数々が展示されています。

P7140424

全てはここから。

ポールスミス氏の最初のお店と同じサイズの空間が展示されていました。

アパートの一室にも満たない小さな空間から、ポールスミスはスタートしました。

P7140427

P7140425

当時の作業部屋を忠実に再現した展示。

屋根裏部屋で作業していたようです。

置いているもの一つ一つにコダワリが感じられます。

P7140429

写真撮れます。

P7140434

当時のラフ画。

見入ってしまいます。

P7140436

最初のコレクションはこの一室から。

アパートの一室にスーツ一着とシャツやセーターの数展をベッドに並べて、コレクションを行いました。

客は数人しか来場しなかったようですが、氏は「今日は大繁盛だった!」という感想を残したそうです。

P7140440

P7140443

氏はコラボレーションにも意欲的で、車やカメラ、飲料水など様々なジャンルとのコラボレーションを行っています。

P7140444

P7140445

ファンからのプレゼントの一部を公開されています。

クリエイティブなプレゼント。

P7140446

P7140447

氏の現在のオフィス。

様々なものからインスピレーションを得ながら、作業を行っています。

P7140449

P7140451

氏は「色」に強いコダワリを持っています。

コレクションの作品からもそのことは伺えますね。

P7140453

ポール・スミスの世界中の店舗の写真が展示されています。

「同じものを作るのは嫌だ」という氏の想いから、オリジナリティ溢れるショップが世界中に点在しています。

P7140459

ウォッチラインの展示。

可愛いデザイン。

P7140460

コレクションの一部も展示されていました。

私の愛用のジャケットも飾ってあって、テンションが上がります。

P7140464

展示会の最後は”Every Day IS A NEW BEGINNING.”というハッとする言葉で締めくくられています。

いい時間を過ごすことができました。

残りわずかですが、是非足を運んでみてください。

http://paulsmith2016.jp

 

リーダーはストーリーを語りなさい―顧客と従業員を魅了し、説得し、鼓舞する究極の方法
ポール・スミス
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 134,272

 

Hello, My Name is Paul Smith: Fashion and Other Stories
Sir Paul Smith Deyan Sudjic Donna Loveday
Rizzoli (2013-10-29)
売り上げランキング: 20,616