心理学, 書評・読書

催眠術を学べるおすすめ本 5冊

今日は実際に催眠術をパフォーマンスなどを行うこともある私が、Amazonや書店で購入できる催眠術のオススメの本をセレクトしました。私もはじめはここから学びました。これから催眠術を学ばれたい方、すでに学ばれている方も要チェックです。

そもそも催眠術って?

ご紹介に移る前に、そもそも催眠術とは何でしょうか。催眠術とは簡単にいうと、「あなたの言葉で相手の心や体を支配、コントロールする技術」のことです。あなたの合図1つで手が開けなくなったり、見えないものを見えるようにしたり(幻覚)、誰かのことを好きになったりします。

このように説明すると少し危険な技術のように思えますが、別の言い方をすると「コミュニケーションの本質」を学ぶための技術です。「YESセット」や「フットインザドア」といったよく聞く心理用語も催眠術が原点だからです。

「本当にそんなことできるのかな、やらせじゃないの?」と思う方もいると思いますが、米国では保険の効く治療法としても認められている真っ当な技術です。日本ではテレビの影響で、オカルト扱いされている節もありますが、欧米では当たり前のように用いられる技術なのですね。

百聞は一見に如かず、です。まずは催眠術に触れてみましょう。

 

催眠術のかけ方 初心者からプロまで今日から使える

入門者にとって、定番となっている書籍です。私も最初はこの本を手に取りました。催眠術の原理をわかりやすく解説されています。読み物としても大変興味深い内容です。全三冊なので、一冊目を読まれたら、二冊目、三冊目と読まれることで理解がより深まります。用語や知識が網羅されており、実際に催眠中をかけれるようになったあとで読み返すと、また違った印象になると思います。

 

コミュニケーションのための催眠誘導

こちらの本で解説されている内容は、皆さんがおそらく思い浮かべるであろう催眠術のイメージとは異なりますが、日常において催眠術が溢れているか、またどのように催眠術を活かしていけばよいのかという視点で解説されています。なので、いわゆる古典的な催眠術ではなく、エリクソンや現代催眠の色が濃いのが特徴です。タイトル通り、コミュニケーションを円滑に進めるのに催眠術を学ぶことがテーマです。

 

恋愛催眠術

特に男性の方は催眠術を学んでよからぬことを考える方も多いかと思われます笑。それが可能か、不可能かといえば、可能なのですが、こちらの本ではあくまで日常の延長として恋愛における、人の心理や作用を解説されています。恋愛に限らず、コニュニケーション全般における知識が身につきます。

 

スーパー・ベーシック催眠導入

こちらも林氏の著作。内容的にはやや、中級者向けとなります。催眠術の基礎的な知識があることは前提に、具体的な催眠術の誘導技法(掛け方)を中心に写真付きで解説されています。

 

シンプルにできる催眠術(DL版/書籍版有り)

こちらの書籍は書店等では手に入りませんが、入門者向けの良書です。一般の書籍では、用語の解説は大変わかりやすいのですが、余程センスがある方は除き、それだけで催眠術をかけれるのかというと少々、疑問が残るところがあります。その点、こちらの本は「ゼロから催眠術をかけれるようになる」ことを前提に、難しい言葉は最低限に抑えて、シンプルに解説されています。メールのサポートや返金保証もあるので、初めての方にはおすすめです。(私も製作時にご相談頂き、監修にも満たない監修をさせて頂きました。)

⇒「シンプルにできる催眠術」のご購入はこちら

 

私が実際に手に取り、参考になったり、感銘を受けた書籍はざっと以上です。

催眠術は「催眠術」をかけれるようになるだけでなく、コニュニケーションを円滑にできるツールです。上の著者の言葉を借りれば、コミュニケーションの本質です。大げさに言えば、人生を大きく変えることができるツールです。一度触れてみられると、違った世界が見えるようになります。

ぜひ、お手にとって、その世界をのぞいてみてください。