BLOG, おすすめ, ニュース

【閲覧注意】日本で最も奇妙な祭り”新世界セルフ祭”に行ってきた。vol.1

self

日本の誇るべき文化、「祭り」。

日本国内には様々が存在する中で、これほど奇妙な祭りは存在しないだろう。

 

「新世界セルフ祭」。

 

奇祭という言葉が一番しっくりくる。

何をするのも自由、参加する、しないも自由、お金をだすかどうかも自由。

すべて”セルフ”。

もう何もかもが他の祭りと一線を画す異質さ

時には恐怖を覚えるほどである。

舞台は国内においても独特の文化を持つ大阪という地の、

さらにDEEPなゾーン、新世界。

新世界は、大阪のシンボル通天閣がある地域である。

最寄りは動物園前、新今宮といった辺り。

土地勘がある方ならお分かりになるだろうが、

この辺りは大阪でもかなりのDEEPゾーンとして知られている。

 

セルフ祭り?

さて、そんな新世界を舞台に開催されるセルフ祭とは一体なんなのか。

公式HP(http://selfmatsuri.ojaru.jp/)にはこう書いてある。

たぶん、世界の誰もが体験したことのない祭です。自由に参加する。自由に表現する。自由に歌う。自由に描く。自由を楽しむ祭です。みんなが対等になって楽しむまったく新しい祭です

うん、全然伝わらない。

百聞は一見に如かず。

早速レポートしていきましょう。

 

いざ、セルフ祭へ!

まず我々を迎えてくれたのは…、

208835 344685768947996 183996961 n

 

!!

おはし

そう、おはしである。

巨大なおはしが立っている。

全く、何の脈絡もなく、おはしが出現した。

このおはし、無表情で近づいてきて、手招きしてくるのだ。

怖すぎる。

写メを撮ったら、「見せろ」というジェスチャーをしてくるので、見せたら今撮ったやつ消された(!?)。

どうやら、全身綺麗に入った写真を撮ってほしかったみたい。

 

会場である商店街の入り口はこんな感じ。

RIMG0912

このオブジェが目印です。 FBページもあるみたいです。(http://www.facebook.com/2selfmaturi) 意外とソーシャルに対応していました。

RIMG0942

一瞬で異様さが伝わる空気感ひしひしと感じるスタッフの謎のオーラにドキドキしながら中に進むと、

廃材プラモアート、ホームレス雑誌売り、廃材石けん、漬け物BBQ(謎)…etc、まともじゃない露天が並んでいます。

いくつか紹介します。

まずこちら。

100円を払うと写真を撮り、その場で現像し、その写真に悪口を書いてくれるおじさん。

やってもらいたかったんだけど、タイミングが合いませんでした。残念。

アーティストとして有名な方みたいです。

RIMG0916

彼の今までの作品も飾ってあって、それがまたカオスでした。

RIMG0940

・・・。

 

さらに少し進むとこちら。流しそうめん。

RIMG0924

かなりしっかり作られていて(2週間掛かったらしい)、代金はお客さん次第ということ。

結構高いはしごを上って、ここから流すと…

RIMG0953

ここから出てくる!

たのしい!笑

人生初の流しそうめんでした。

RIMG0950

 

他には、セルフ神社や、

RIMG0927

セルフおみくじ。

RIMG0929

死体!!

…とみせかけて、

RIMG0946

路上CD販売。

なんてクリエイティブなんだ!

RIMG0945

って感じでいい意味で予想を裏切った異空間に酔っていると、

後ろからおかしな集団が「セルフ!セルフ!」って言いながら、行進している!

パレードだ!

RIMG0919

あ!おはしもいる!

RIMG0921

どうやらステージパフォーマンスもあるみたいだ。

出演アーティストは…。

RIMG0932

大阪ホームレスビッグバンド!なんというネーミング!笑

残念ながらこちらは終わっていて見れませんでした。残念。

そして、絵の具舞踏

なめてました。かなり本気でヤバかったです。

ヤバいというのは本当にパフォーマンスとして、すばらしく、感動したと言う意味です。皮肉はありません。

この様子は次回の記事で。必見。

つづきはこちら

 

 

ジェイティビィパブリッシング 2012-06-29
¥ 1,000