BLOG, マジックの話, 心理学

「でも、しかし、いやそれは…」否定から入る人をYesに誘導する方法

527px Logo BUT svg

「〇〇じゃないの?」「いや…それは〜」

「あの映画よかったよね」「でも…音楽がさ…」
 
「〇〇したほうがいいですよね」「しかし、それは…」
 
何を言っても必ず否定から入る人って世の中にはいます。あなたの周りにもいませんか?最終的に肯定的な意見を言うにも関わらず、最初の投げかけに対しては必ず「いや…」から入る人。
 
そういう人をYesにストレートに導くのはなかなか難しいかもしれません。
では、どのように導けばいいのでしょう。
 

会話のパターンを把握し、利用する

 

「いや…」「でも」の否定から入る人は、本心では否定の主張をしようと思っていなくても、最初に否定から入らないと気が済まない癖=パターンが付いているのです。

主張をしっかり持っていない、もしくは迷ってる場合、否定から入られると最終的にも否定に着地してしまいます。そういう場合、そのパターンを利用して誘導するとYesに導ける確率は上がります。

例えば、そういうパターンを持った異性を食事に誘いたいとします。

「〇〇さんにちょっと相談したいことがあるんだけど、今度食事にいきませんか?」

え、だけど(否定)、私何も為なるようなこと言えないし、その日はゆっくりしたいかも…」

…まあ、これはちょっと極端すぎますが、少しでもYesの可能性をあげたいならばこう誘うべきです。

「ちょっと〇〇さんに相談に乗って欲しいことがあるんだけど、〇〇さん忙しそうだし、ゆっくり食事の時間とかとれないよね…?」

いやいや、そんなことないよ。(否定)それくらいの時間なら都合付けれると思うよ」

 

例のクオリティはさておき、分かりますか?

問いかけを否定疑問文にすることで、否定パターンを崩さず、Yesに導いています。

そんな馬鹿なって思うかもしれませんが、このような”人の無意識に染み付いたパターン”はかなり強力に作用します。

同じようなテクニックで「イエスセット」というテクニックもあります。Yesで条件付けをするテクニックですね。これに関しては、また後日書きましょう。

・まとめ

必ず否定から入る人には、否定疑問文で導きたい答えに誘導する