BLOG, おすすめ, ライフハック, 心理学

恋愛における好意の返報性

I love you card wide

連日、リクエスト記事を書かせて頂いているのですが、1番多いのは恋愛のこと。ということで、今日は少し恋愛のお話も書いてみようと思います。

テーマはずばり、「相手に好意を持ってもらうためには」です。

結論から言うと、”まずは告白してみること”です。告白すれば勝ちです。

頭がおかしいと思われても困るので、どういうことか説明していきます。笑

人が人を好きになるにはいくつかの心理学的理由があります。

例えば、好意の返報性(返報性の原理)。

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を自動的に抱いてしまうんです。この心理の働きを返報性と言います。

あなたも覚えがあるはずです。これは恋愛以外の心理にも働くので、例えば、「無料お試し〜」や「無料プレゼント〜」なんかは大体これを狙っています。

恋愛に当てはめると、告白という形で「好き」と伝えられると、人間心理として、自分も相手のことを「好きなんじゃないか」と思ってしまうのです。

また、そもそも人には”親和欲求”といって、誰かと仲良くなりたいという気持ちが本能としてあり、それに加えて”承認欲求”、つまり誰かに自分のことを認めて欲しい欲求があります。

これら全部掛け合わせて考えてみると、1番賢い方法は「まずは告白すること」という結論に至ります。

ただ、会っていきなり「あなたの事が好きです!付き合ってください!」なんて青春恋愛漫画みたいなことをしろといっているわけではありません。これでは、どん引きされるだけです。

また最低限、第一印象がよくないとお話になりません。この当たりはラポール(信頼関係)の作り方の記事を参考にしてください。

参考記事:異性が無意識に好感度を上げる3つの方法

要は相手に好意さえ伝わればいいのですが、ストレートに言う意外にもいくつかの方法があります。

例えば…

常識的に考えて、相手が自分に好意があるというのを行動を示すこと。これは個人個人のキャラクターに依存するので、事例は様々だと思います。メールにハートを付けるとかね。

さらっと言う。ライトな感じで好意を伝えても、相手は意識してしまいます。

第三者に言ってもらう。「〇〇さんがあなたのことを好きだってさ」っていうのはかなり破壊力があり、信憑性があります。これはおすすめ。

大体、こんな感じです。これくらいならなんとかできそうではないでしょうか。

あと、これは個人的な考えですが、”まずは告白理論”にはもう1つメリットがあります。

それは可能性がない恋愛に力を注ぐことを防ぐことができるということです。笑

まず、初対面やファーストコンタクトでその人の印象は決まってしまいます。それを変えるのは非常に大変です。好きな人は好きだし、苦手な人は苦手なのです。

好意を伝えることで相手が拒否反応を示した場合、可能性無しとして、さらっと引けばいいのです。そして次に向かうことです。恋愛に対する時間的コストを削減できます。

また、さらっと引いたとしても、返報性の法則は働き、相手はあなたのことを意識をしてしまいます。ですので、この場合でも向こうからのコンタクトも若干ですが期待できます。

とはいっても、そんなズバズバ割り切れるものでもないと言われそうですが、理屈的には”まずは告白すること”は恋愛においては非常に有効です。あくまで心理学的はお話です。笑

頭のどこかに置いてもらえれば、どこかで役に立つかも…しれません。