BLOG, ライフハック, 心理学

簡単な”催眠術”の掛け方、教えます|催眠術とは一体何なのか

saimin2

僕はパフォーマンスの一貫として、催眠術を披露することがあります。

例えば、手がくっついて離れなくなったり、声が出なくなったり、嫌いなものが好きになったり、見えないものも見えてしまったり…etc

物理的に不可能なものでなければ、および本人の能力をオーバーしていなければ、基本的にイメージできるものであれば何でも可能です。

と言うと、いつも言われるのは「いやいや、それってやらせでしょ」ってこと。

思うに「催眠術なんてあるわけがない!」という考え方は、取り方によっては少々危険です。催眠術というのは、どこにでもありすぎるからです。

ということで、簡単な催眠の原理と、誰でも簡単に催眠を体験できる方法をご紹介したいと思います。

催眠術は科学

催眠術というと、どこかオカルトチックな超能力や魔法のようなものをイメージされているかもしれません。

しかし、催眠術は心理学を主とした技術です。 つまりは、メソッドさえ知ってしまえば、誰でも驚くほど簡単に掛けることができます。もちろん、あなたにも。

欧米では治療で使われているところもありますし、大学の学問としても取り扱われています。

では、その催眠術とは一体何なのか。

簡単なものを少し体験して頂きましょう。

 

誰でも掛かる!?簡単な催眠術

それではまず手始めに、簡単な催眠術を体験して頂きましょう。

以下の文章を想像しながら読んでみてください。

イメージしてみてください。

あなたは今、右手にレモンを持っています。 もちろんイメージです。

レモンのイメージを鮮明に頭の中で思い浮かべてください。

あの独特の手触り、そして鼻に近づけるともちろん匂いもします。

そのレモン、側面に切り込みが入っています。 そこに親指を突き刺して半分に割ってみてください。

果汁が溢れ出し、さわやかな、独特の酸っぱい香りがしてくるはずです。 そのレモンを口まで運び、一口かじってみてください。

歯に辺り、レモンの酸っぱい香りと酸味があなたの口の中に広がります。

いかがでしょう。

この文章を読んでいるうちに、唾液が口の中でどんどんわいてきた人がいるかもしれません。

「なにをそんな当たり前のことを」という声が聞こえてきそうです。

 

そう、催眠術とは当たり前のことをやっているだけです。

テレビのCMやセールス、恋愛…、催眠術というのは催眠術師でなくても、無意識に使っているときがあります。

 

催眠とは一体何なのか

催眠術とは簡単に言うと、「様々な思い込ませる技術を使い、相手の身体や脳に変化を与えること」です。先ほどのレモンも催眠術と言ってしまえば催眠術です。

その辺りの思い込ませる技術というのが催眠術の秘密であり、技術ということなります。 多種多様なものがあり、その人の属性に合わせて、その技術を使い分けます。

 

催眠術の「術」は技術の「術」です。誤解が多そうなのでもう一度言っておきます。催眠術は、決して魔法や何か不思議なパワーでもなんでもなく、誰でも、学べば習得できる技術です。

 

例えば簡単なところでいうと、「どこか一点に集中させる」。

専門用語で凝視法と言ったりします。

催眠術のデモンストレーションで五円玉も紐の先にぶら下げて、「眠くなる〜」というやつありますよね。まさにあれです。五円玉に意識を集中させる凝視法による誘導です。

人は一点に集中していると、それ以外の情報を意識することができなくなります。

テレビを集中して真剣に見ている時、誰かの声が聞こえなくなったことがありませんか?

あの感じです。

 

そうすると、表面的な「意識」でなく、無意識のところに情報が入っていきやすくなるわけです。

その時に言葉によって指示を与える。例えば、「手が開かない!」だとか。

すると、脳はその指示に素直に従ってしまいます。

 

相手の無意識に言葉を入れる。これがいわゆる「暗示」というやつです。

暗に示す。 文字通り、相手の無意識に思い込ませていくのです。

 

手が固まる催眠術

例えば、手をグーの形にしてもらって、爪の先でもいいでしょう。

どこか一点を見つめさせます(凝視法)。

そこで「手が開かない!(暗示)」と強く語りかけます。

これだけです。

 

これだけで、僕の感覚だと20人に1人くらいは手が固まります。

言い換えると、抜群に被暗示性が高い、催眠術に掛かりやすい人ならこれだけで本当に固まります。

 

一応、かけた催眠はしっかり解いてあげてください。

「3つ数えると解けます!1,2,3!」

これで大丈夫です。

 

嘘みたいな本当のお話です。

もちろん、これが全てではありませんよ。

この20人に1人とかいう確率をあげていくのが催眠術の技術です。

きちんと学べば、実際には2人か3人に1人くらいは掛かります。

 

被暗示性の見分け方や、喋り方、振る舞い、暗示の入れ方、経験や知識、その他諸々。

この辺りはちょっとここでは書くのは辞めておきます。

少々危なっかしい技術でもあるので。

 

テレビでよく見る「指をならしたら犬になる!」、みたいな催眠術も基本的にはレモンや手が固まると同じです。

基本的には催眠術は弱いものから、徐々に強いものに掛かるようになります。 ちなみに「手が固まる」は筋肉硬直と言って、一番浅い催眠術です。ここから感情や記憶など、より深い催眠を掛けていきます。

ただテレビの場合、時間が限られていることもありますから、本番前に催眠術にかかりやすい人を選び、その上であらかじめ催眠術を掛けている場合がほとんどです。ですから、テレビの「指をならしたら犬になる!」だけを見たら、色々と疑いたくなる気持ちも分かります。

 

加えて、よく質問があるのでお答えしておくと、テレビなどで催眠術氏が「眠って!」というと、眠っている様子を見たことがあるかもしれませんが、これも予備催眠ありきのお話です。

そして、実際には眠っているわけではなりません。催眠誘導によって、深いトランスに入っている状態です。

ですので、その時言われていたこともわかりますし、意識もあります。感覚的には夢を見ていたり、列車の中での居眠り寸前くらいのあの心地良い感じです。

細かい話をすると瞬間催眠というのがあるのですが、細かくなるので止めておきます。

 

ちなみに、催眠術は無意識にアクセスするため、本能がより強くなります。 ですので、相手が本心から拒否することをイメージさせ、実行させることは不可能です。わさびが好きになりますだとか、虫が好きになります!というのは掛かっても、今から崖から飛び降りたくなります!は防衛本能が強く働くのでかかりません。

 

さらに、催眠術は相手のイメージ力を一時的に引き延ばしているだけなので、 一定時間がすぎると徐々に解けていきます。

どれだけ好きな映画に興奮しても、家に帰ったら、ある程度収まっているでしょう。 それと同じです。

 

だから悪用はできません…と言いたいところなんですが、本当に上手な人ならこの辺りも技術でカバーしてしまうのが怖いところです。

 

ざっくり簡単にお話ししましたが、なんとなくイメージできたでしょうか。

催眠術は言葉で相手の心と体に影響を与える技術。日常の会話はもちろん、恋愛やビジネスの場でのコミュニケーションの強力な武器にもなります。

 

興味のある方は是非、以下の無料講座からより深く学んでみてください。

催眠術関連の著書やブログを執筆されている愛沢なつめさんの無料のブログ催眠講座です。

少し重複する部分もあると思いますが、より詳しく、催眠の基礎を学ぶことができます。

無料催眠講座はこちらから↓
愛沢なつめの無料催眠講座

 

ダイエットや勉強、ビジネスの目標達成、

集中力やモチベーションの向上など、

催眠術で自分を変えたい!」という方には自己催眠編がおすすめです。

こちらから↓
愛沢なつめのシンプルにできる自己催眠

 

そのほか市販の書籍のおすすめ本